ボロハイドライドとは -- Tech-On!用語辞典 by 日経エレクトロニクス
ボロハイドライド
(NaBH4)
 NaBH4は水と反応して水素を発生するため,燃料電池に供給する水素の貯蔵材料として利用できる。原料はNa2B4O7(ホウ砂)であり,ここからNaBO2(二酸化ホウ素ナトリウム)を誘導し,水素化してNaBH4を得る。

 例えば2005年5月,セイコーインスツルがノート・パソコンや一眼レフ・カメラ向けに開発していることを公表した。この他,自動車メーカーの一部ではNaBH4を使った貯蔵タンクの検討を進めており,試作車への搭載も始まっている。

 NaBH4は,そのままでは空気中の水分と反応してしまうため,NaOHなどのアルカリ水溶液に溶かすことにより安定化させ,保存する。安定化したNaBH4から水素を発生させるには触媒を使う(図)。例えば,フッ化水素吸蔵合金を使う。反応は常温・常圧で進む。NaBH4の課題は高価なことである。


ボロハイドライドの情報はなかなか良い物が見つかりません^^;;
とりあえず、大まかな仕組みは上記の説明で理解できそうです、、、、。

今後、さらなる情報がニュースソースをにぎわすことを期待しております。