燃料はマグネシウムと水、三菱商事と東工大が無公害エンジン実験機を開発 - CNET Japan
 三菱商事と東京工業大学は4月12日、石油などの化石燃料を使わず無公害で
燃料を循環して利用できる新型エンジンの実験機を開発したと発表した。自動
車や船舶、コジェネレーションなどでの利用を見込み、3年後の実用化を目指
す。


 カルシウムを使った「水から発電する燃料電池」
が話題を呼んだことがありましたが、今度はマグネシウムですか?

循環型エネルギーモデルとしては、たいへんよくできています。


「燃焼で排出される酸化マグネシウムは太陽光をレーザーに変換する「太陽光励起(れいき)レーザー」で分解、マグネシウムに戻して 再び利用することができる。」

この太陽光励起レーザー!
こちらの方が、興味が沸きますね。
何か、太陽光から効率よく水素を製造する技術とかに使えないんですかね?


http://www.ilt.or.jp/menu/10-4.html

もっと詳しい説明が↓に
http://www.titech.ac.jp/publications/j/chronicle/402/402-1.html