WPC EXPO:東芝、セミナー講演に燃料電池搭載のノートPCを利用 - nikkeibp.jp - 注目のニュース
WPC EXPO:東芝、セミナー講演に燃料電池搭載のノートPCを利用
2005年10月31日12時39分
東芝 ディスプレイ・部品材料統括 技師長の上野文雄氏は、日経エレクトロニクスが2005年10月26日に開催したセミナー「携帯電子機器用小型燃料電池の最新動向」において、燃料電池を搭載したノート・パソコンを実際に使って講演を行った(図1、図2)。

さらに、燃料カートリッジをノート・パソコンから抜いて新しいカートリッジを装着する実演を見せることで、燃料電池が従来の2次電池と違い、充電の必要がなく、取り付けたそばから使える点をアピールした。

東芝は、燃料となるメタノールや空気をポンプやファンで供給することで高い出力を得られるアクティブ型のダイレクト・メタノール型燃料電池(DMFC)と、ポンプやファンなどの補器類を使わないパッシブ型の燃料電池の開発を積極的に進めている。アクティブ型のDMFCは、ノート・パソコンや薄型テレビなど向けに、パッシブ型の燃料電池は、携帯型音楽プレーヤや携帯電話機など向けに展開を狙っている。


アクティブ型とパッシブ型ですか?
どこかで聞いたことのある言い回しですね。
どこだっけか??