292d2972.jpg今晩はイーハ陶房賢治祭2005です。
今年で10年目かな?

どんな賢治祭になるんだろ??

毎年始まってみるまで、全くわかりません;;
また、今夜にでもご報告を^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふぅ^^;
何とか無事終わりました。

イーハ陶房賢治祭は、今年でなんと13回目だったようです(汗^^;
去年に続いて、ひっそりとした静かな賢治祭でした。
アットホームで、初回から参加している数人と、初めて訪れた方1名。

賢治祭の内容もも、以前の「イベント」的な趣向から、「賢治を雄志で偲ぶ集まり」に変わってきているように感じます。
まあ、法事って?感じでしょうか?

年々充実してきているのは、お料理ですw
ちょっとしたホームパーティ的な感じで、それぞれが持ち寄ったごちそうを、みんなで囲んで、おしゃべりしながらついばむ。
これが、なかなかいい感じです。

今後は、もう少し「食」の方に趣向を振ってゆこうと考えています。
賢治を偲ぶ 食 談義。
これで、器と宮沢賢治を結ぶ何か鍵のような物が見えてきそうな気がします。

とりあえず、来年は、「宮沢賢治にちなんだ料理を一人1品ずつ持ち寄ること」
を、参加条件にしようかと考えています。
(もちろん、必須項目とまでは言いませんが)

ひとしきり、空腹を満たした後は、のんびりと、歌を歌ったり、朗読ワークショップ「オツベルと象」
細川さんの東北なまりでの朗読「よくきく薬とえらい薬」
最後は、今年初めて参加された女性が、絵本の読み聞かせ「座敷童」を披露してくださいました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

また来年も、よろしくお願いします。