アップルコンピュータ誕生から30年--盛衰を振り返る - CNET Japan
 Steve JobsとSteve Wozniakの両氏は1970年代に、カリフォルニア大学バークレー校(UCB)の学生寮の各部屋を回り、「ブルーボックス」というタダで長距離電話をかけられる電子機器を売っていた。
 ハイテク業界にとって幸いなことに、2人は心を入れ替えてコンピュータを作り始めた。


アップルコンピュータ誕生から30年--盛衰を振り返る - CNET Japan
 Jobs氏のいないAppleなど考えられるだろうか。実のところ、1度はそうした事態に陥ったことがあった。しかし、再びそうした事態が起こるのはまだだいぶ先のことであってほしいと、Macの熱狂的なファンたちがそう願っていることはほぼ間違いない。


さすがに4ページに渡って邂逅記事を掲載しているだけあって、この記事が一番読み応えがありました。
30周年ですか?
すごいことだと思います。

この記事を読んで一番感じたことは、appleはやはり創造的な企業だと言うことですな^^