私がネットを始めた頃1997年くらいでしょうか?
その頃は、ネット全体がボランタリーな精神であふれていました。

たとえば、胎児の頃からの成長記録を、ネットに載せて、生まれるまでを紹介するなんて人もいました。
それを、見ている人たちがみんなで、生まれてくる子供の名前を考えて。「だれそれちゃん」てのはどうですか?
とか、胎児から、生まれるまでをみんなで共感し、一緒に喜び合う、なんて事もありました。

当時の個人のHP容量は5MBから20MBくらいで、もちろん回線はダイヤルアップですから、画像が多いページなると、なかなか開かないと言う感じでしたが、それでも、何かネットにつながるだけで、次々に新しい出会いにあふれ、誰もが友好的な感じだったように思っています。

それから、「掲示板」をそれぞれのHPが有していて、毎日のように、掲示板を巡回しては、お互いに色々と書き込んで、わいわいがやがやと、楽しい毎日だったように思います。

おそらく西暦2000年まではそんな状況だったかと、、、、、。

2000年以降、掲示板には、「悪質広告」「出会い系の誘い」などの招かざる客が多くなってきたように感じます。
ダイヤルQ2を使った、途方もない多額の請求書が届いたり、あるいは、全く身に覚えのないいわゆる「架空請求」が増えてきて、それまで、見ず知らずの人から届くはずのないメール(スパム)が、徐々に増え始めてきました。
現在では、日に200通はスパムが届きます。

何となく、ネットそのものもが、世の中の是も非もそのまま、流し込んだだけの味気ない世界に変わってしまった、それどころか、いつ何時、罠に引きづり込まれるやもしれぬ、恐ろしい世界になってしましました。

ウイルスメールやスパイウェアが、どこからともなく入り込んでくる、中には、ネットに接続しただけで、向こうから勝手に攻撃してくる、悪質な物まで登場しました。

個人HPを巡回しても、なにやら、更新が滞りがちな所が増えてきたようにも、見えました。
みんなが興ざめした感じでしょうか?

その頃は「チャット」に興じていたように思いいます。
MSN YAHOO AOL iChat いろいろありましたね。
夜遅くまで、飽きずに色々と部屋を回った物です。

2002年頃からでしょうか?
チャットに興じていた連中が次に流れ込んだのが、「オンラインゲーム」いわゆるオンゲですね。
ネットワークの中に、現実とは違うもう一つの世界があって、そこで、仲間を作り、日々成長してゆく、もう一人の自分に出会うことができる。
「マトリックス」という映画で、首にプラグを差し込むと、もう一つの世界に出現する、あの感覚です。

このオンラインゲームの場合、それ以前のゲームと違い、クリアとか、終わりがないと言うのも特徴で、まあ、短い物は7日程度で、終わる物もあるのかもしれませんが、1年2年ゲームを続けても、まだまだ、キャラクターが成長過程だったりするわけです。
私も、この2年間、HP更新当一切していなかったのは、この世界にのめり込んでいたからです。
仲間たちと、チャットしたり、一緒に遊んだり、とにかくゲームに登場する何万にと言うキャラクターを、すべて生身の人間が操っていて、それが自由自在にワールドを行き来して、戦ったり、商売したり、アイテムを交換したり、時には他人に借金までしてアイテムを購入したりしながら、日々、成長してゆくのですから、この醍醐味は、かつて無いものでしたね。

オンゲの次に何がくるのか?
それは、わかりません。

ただ、30代後半がオンゲユーザーに比較的多かったことを考えると、その世代は、別の方向に流れてゆくと思われます。














    このエントリーをはてなブックマークに追加

通常の端末とほぼ同サイズ--KDDIと東芝、日立が燃料電池内蔵ケータイを試作 - CNET Japan
通常の端末とほぼ同サイズ--KDDIと東芝、日立が燃料電池内蔵ケータイを試作
エースラッシュ2005/09/26 21:08??
Trackback
(3)




 KDDIは9月26日、東芝および日立製作所と共同で開発した燃料電池内蔵の携帯電話端末を発表した。

 KDDIでは東芝や日立と共同で、2004年7月より携帯電話機などを対象とした移動体通信機器用の次世代電池を開発しており、今回発表された端末はその試作機となる。

 東芝製の試作機は、auの「A5509T」をベースにした。背面の電池搭載部分に小型の燃料電池と燃料タンクを内蔵し、内部リチウムイオン電池とのハイブリッド方式で電源を供給する。燃料には99.5%の高濃度メタノールを使用しており、1回の燃料充填で従来の約2.5倍もの電池容量を達成した。端末の閉じた状態の大きさは、98mm(高さ)×50mm(幅)×40mm(厚さ)で、重量は160gだ。

 この一方で、日立製の試作機はauの「W32H」をベースとした。サブ液晶面に小型燃料電池を搭載している。こちらも内部リチウムイオン電池とのハイブリッド方式となっており、厳密な濃度については公開していないが、60%以下のメタノール水溶液を燃料に使用している。閉じた状態の端末の大きさは98mm(高さ)×50mm(幅)×25mm(厚さ)で、オリジナルの「W32H」とほぼ同じ大きさで、重量はオリジナルより24g重い150gとなっている。内部燃料の容量は3ccで、携帯電話の電池残量が不足するたびに小型カートリッジから充填する。



だんだん近づいてきてる感じですなあ。
しかしながら、やはりメタノールの毒性がどうしても気になります。
現状では、試作段階なので鼻から否定は良くないと思いますが、、、。














    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








記事検索
Archives
Categories





Twitterでフォローしていただくと、ブログの更新情報がリアルタイムにタイムラインに表示されます。 その他、気になったニュースやデジカメ関係の最新情報もつぶやいています。 ぜひ、フォローお願いいたします。








最新コメント


■リンク&お気に入りブログ■


■アート

六角文庫通信
マリカの野草画帖
陶房ななかまど

■写真

うっちーの時々かめらまん
季節を切り撮りパッチワー ポヨポヨ日記〜♪
あぴあみのポッケ
K's pholog
~猫の鼻~suzukineko photo blog

■オーディオ&Music

箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE
CHANGING PLACES
ROBERTOHOUSE
コイズミ無線 
木村無線
横浜ベイサイドネット 
麻布オーディオ 
Mixel Intenet Shopping
SP-01
オーディオの足跡
オーディオ懐古録

■カウンター■












■でくのぼうぷれす 主要カテゴリ一覧


陶芸 オーディオ カメラ&フォト 音楽   PC&家電 APPLE  宮沢賢治 燃料電池