CTIA:「使い捨て燃料電池」、新型の試作機でPSPの駆動をデモ - nikkeibp.jp - 注目のニュース
CTIA:「使い捨て燃料電池」、新型の試作機でPSPの駆動をデモ
2005年09月30日?12時25分



米Medis Technologies Ltd.は、開発中の使い捨て型燃料電池「Power Pack」を、「CTIA Wireless I.T. & Entertainment」に出展した。同社はこれまでもPower Packの動作を実演していたが、今回は体積を20%小さくした新たな試作品を用い、携帯電話機やPDA、携帯型ゲーム機「PSP」の充電および駆動を実演した。接続用ケーブルを変更することで、多種類の携帯機器の充電に対応できることをアピールする。Medis社は当初の予定どおり、携帯機器のポータブル充電器として2006年夏にも米国で発売する方針である。Medis社は今回の試作品を、米国および英国の携帯電話事業者に15台ずつサンプル提供を行なっていることも明らかにした。同社は、量販店での販売のほかに、携帯電話事業者を通じた販売も目指している。小売時の価格は10米ドル〜15米ドルに設定したいという。同社は2005年末にも月産1万個規模で生産を開始し、2006年後半には月産100万個〜150万個で量産する計画である。


使い捨てって?
どうゆうこと??

もう一つ意味が理解できないのですが、、、、、。












    このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国LG:ノート機用の燃料電池、年内に発売へ
 韓国のLG化学社は28日(現地時間)、ノートパソコン用の燃料電池を年内に発売すると発表した。メタノールを燃料として1回の充てんで10時間以上動かせるタイプを、製品化できるめどが立ったという。業界の規格の話し合いも順調に進むことが条件だが、ノート機用の実用化が近づいてきた。 本体は体積が1000ccで、重量は1キロ未満。これにメタノールの入った燃料カートリッジ(200cc)を取り付けたり、はずしたりして使用する。出力は25ワットで業界最大という。25ワットの電力を要するノートパソコンを、カートリッジ1本で10時間以上動かせる。将来的には出力50ワットの実現を目指す。 電池の寿命も4000時間以上に延長し、ライバルの8倍以上になったと強調している。予想価格は発表していないが、韓国からの報道によると、50万ウォン(約5万円)程度を考えている模様だ。


韓国から出るとなると、いきなり価格5万円って話なんですね?
とりあえず、これなら手に入れたい衝動に駆られますなあ、、、、。












    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








記事検索
Archives
Categories





Twitterでフォローしていただくと、ブログの更新情報がリアルタイムにタイムラインに表示されます。 その他、気になったニュースやデジカメ関係の最新情報もつぶやいています。 ぜひ、フォローお願いいたします。








最新コメント


■リンク&お気に入りブログ■


■アート

六角文庫通信
マリカの野草画帖
陶房ななかまど

■写真

うっちーの時々かめらまん
季節を切り撮りパッチワー ポヨポヨ日記〜♪
あぴあみのポッケ
K's pholog
~猫の鼻~suzukineko photo blog

■オーディオ&Music

箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE
CHANGING PLACES
ROBERTOHOUSE
コイズミ無線 
木村無線
横浜ベイサイドネット 
麻布オーディオ 
Mixel Intenet Shopping
SP-01
オーディオの足跡
オーディオ懐古録

■カウンター■












■でくのぼうぷれす 主要カテゴリ一覧


陶芸 オーディオ カメラ&フォト 音楽   PC&家電 APPLE  宮沢賢治 燃料電池