計測展:ボロハイドライドを燃料に使った可搬型燃料電池を披露 - nikkeibp.jp - 注目のニュース
計測展:ボロハイドライドを燃料に使った可搬型燃料電池を披露
2005年11月10日12時15分
水素エネルギー研究所の須田精二郎氏は、2005年11月9日に開催されたセミナー「水素エネルギー時代を支える計測技術」において、ボロハイドライド(水素化ホウ素化合物)を利用した可搬型の燃料電池を披露し、実際に発電させてDVDプレーヤの映像をテレビ受像機に映した。
実用化については、大型イベントで利用する計画が進んでいるという。披露した可搬型燃料電池は、水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)をアルカリ溶液に溶かしたものを利用する。
水素吸蔵材料を触媒に使って水素を取り出し、その水素で発電する。定格出力は200Wで、本体には蓄電装置などは一切使用していないという。燃料カートリッジに取り付けたバルブを回すだけですぐに発電を開始し、空気を送り込むためのファンが稼動する。

ボロハイドライド(水素化ホウ素化合物)ですか?
たしか、以前にこれは見ていた気がします。
(詳細は調べて報告しますね)

ケミカルハイドライドと並んで、容易に水素を持ち運べる技術だったと記憶しています。
ケミカルハイドライドにしても、ボロハイドライドにしても、技術的には非常にすばらしく、実用化すれば(毒性の問題や、量産インフラの問題をクリアできれば)かなり期待できると思いますが、現実的にはDMEや天然ガスでさえ二の足を踏んでいますので、、、、、。(GTLもか?)

10年後20年後を視野に入れないと語れない問題でもあるように感じます。










    このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロマシン展:「量産性を高めた」燃料電池向けマイクロポンプ - nikkeibp.jp - 注目のニュース
マイクロマシン展:「量産性を高めた」燃料電池向けマイクロポンプ
2005年11月10日12時05分
スター精密は、ノート・パソコン向け燃料電池の燃料供給用などを想定したマイクロポンプを、2005年11月9日〜11日に科学技術館で開催中の「第16回マイクロマシン展」に出展した。
マイクロポンプは圧電素子を使ったダイヤフラム型で、最大流量が5ml/分の「SDMP305」と同1.5ml/分の「SDMP301」の2種類。
いずれもサンプル出荷できる段階という。
従来品は同1.5ml/分の「SDMP205」。
量産性を高めるために今回はダイヤフラムや弁に使う材料を変更したほか、内部構造を見直すことで外形寸法を変えずに最大流量を増やした品種を加えた。


こういう記事を見ると、やはりDMEに期待するわけですよ。
本来気体であることから、燃料投入にポンプ不要で、成分がメタノールに酷似している。
水蒸気は?どこから供給するのか??
と突っ込まれたら、答えられないんですけどね^^;;












    このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村








記事検索
Archives
Categories





Twitterでフォローしていただくと、ブログの更新情報がリアルタイムにタイムラインに表示されます。 その他、気になったニュースやデジカメ関係の最新情報もつぶやいています。 ぜひ、フォローお願いいたします。








最新コメント


■リンク&お気に入りブログ■


■アート

六角文庫通信
マリカの野草画帖
陶房ななかまど

■写真

うっちーの時々かめらまん
季節を切り撮りパッチワー ポヨポヨ日記〜♪
あぴあみのポッケ
K's pholog
~猫の鼻~suzukineko photo blog

■オーディオ&Music

箱庭的ピュアオーディオシステムの薦め AUDIO STYLE
CHANGING PLACES
ROBERTOHOUSE
コイズミ無線 
木村無線
横浜ベイサイドネット 
麻布オーディオ 
Mixel Intenet Shopping
SP-01
オーディオの足跡
オーディオ懐古録

■カウンター■












■でくのぼうぷれす 主要カテゴリ一覧


陶芸 オーディオ カメラ&フォト 音楽   PC&家電 APPLE  宮沢賢治 燃料電池